動画一覧

あなただけのオリジナルレッスン教材を動画でお届け

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 発声基礎講座
  4. 腹式呼吸で喉歌い解消!-正しい腹式呼吸とは?

腹式呼吸で喉歌い解消!-正しい腹式呼吸とは?

こんにちは。

大阪梅田のボイトレ・ボーカルスクール、クリアボイスミュージックスクール

三流ボイストレーナー、谷本恒治ことジウコトモニタです。

誰が三流やねん!

 

今回も、自宅で出来るボイトレメニューをご紹介。

第二弾は、腹式呼吸トレーニング!

※第一回:リップロールの記事はコチラ

誰しも一度は聞いたことがある“腹式呼吸”

でも案外(ボイトレ経験者であっても)正しく腹式呼吸が出来ている人はそう多くありません。

今回は、正しい腹式呼吸トレーニングで、脱・喉歌い!を目指しましょう。


お腹を“動かさない”こと

腹式呼吸を、なまじっかかじってしまっている人に多いのがこのパターン。

お腹がベコンベコン動く状態。

これは、歌には全く役に立ちません!

(最近の熱心なボイトレ受講者や、独学でトレーニングされている方はご存じかと思いますが…)

リップロールの回でもありましたが、歌に必要なのは一定の空気圧です。

お腹をベコンベコン動かすのは、空気圧のバランスをいちいち変えてしまっている状態です。

鼻から“吸わない”こと

 これも未だによくある間違いです。

や、正確には、どちらで吸っても同じです。

ゆーっくり鼻から吸うと、胸式呼吸に“なりにくい”ですが、歌の中でゆーっくり息を吸っているヒマはありません!

鼻から一気にたくさん吸おうとすると、肩が上がり(胸鎖乳突筋-きょうさにゅうとつきんという筋肉の力を使って吸います)、胸式呼吸になるばかりか、そのまま肩、首に力が入って、思うように歌えなくなります。

※胸鎖乳突筋など、外喉頭筋に関する詳しい解説記事はコチラ

口の中の空気圧を意識すること

これも前回のリップロールに繋がるところですが、空気というのは気圧が高い方から低い方へ流れる習性があります。

なので、声帯を境に下と上、この上の口の中の空気圧がしっかり作られていないと、いくらしっかりと腹式呼吸で息を吸えても、どんどんムダに流れ出てしまいます。

しっかりと肺の底から口の先までで空気を使う意識をしましょう。

<関連記事>

ほぼ100%の人が間違える腹式呼吸

カラオケで使える正しい腹式呼吸の練習

横隔膜の鍛え方

さらに詳しい解説をオンライン月額会員ページにて!

さらに詳しい解説や練習のバリエーション、よくある失敗例とその対処法を、オンライン会員ページにて公開中!

<動画の内容-全分秒>

  1. リップロール
  2. 息を強く吐くスタッカート
  3. さらに上級者向けのトレーニング
  4. 体の支えを作る
  5. さらに上級者向けのトレーニング

その他、多数限定公開中の動画が、月額3,300円で見放題!

さらにSkypeによるマンツーマンレッスンも実施中!

クリアボイスミュージックスクールでは、対面のレッスンに加え、Skypeでもレッスンを行っております。

「時間が合わない…」「近くにボイトレスクールがない…」といった方に、対面レッスンと全く同様のレッスンを受けていただけます!

(実際に対面で通っていただいていた生徒さんが、「こっちで十分じゃん!」とSkypeレッスンに切り替えられるケースも増えています)

通常、1レッスン(50分)5,500円が、オンライン月額会員なら3,300円で受講していただけます!

<月額会員お申込みの流れ>

  1. 下のボタンより、オンラインでの決済を完了していただきます。
  2. こちらより会員用ページへのご案内(招待)をさせていただきます。
  3. 月額会員お申込み後のSkypeマンツーマンレッスンのお申込みはコチラよりお願いいたします。
ご入会希望の方はコチラ♪

なんと月額3,300円!
オンライン会員専用ページ「クリアボイスの秘密のボイトレ」

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

月を選択