動画一覧

あなただけのオリジナルレッスン教材を動画でお届け

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ボイストレーニング
  4. リップロールは喉歌い解消にバツグンの効果!-そのやり方と失敗例

リップロールは喉歌い解消にバツグンの効果!-そのやり方と失敗例

こんにちは。

大阪梅田のボイトレ・ボーカルスクール、クリアボイスミュージックスクール

三流ボイストレーナー、谷本恒治ことジウコトモニタです。

誰が三流やねん!

何回かに分けて、自宅でもできるボイトレメニューをご紹介していこうかと思います。

カラオケなどで誰しもが経験するであろう、歌うと喉が痛くなる、声が枯れるという現象。

誰かから喉で歌ってるんじゃない?なんて言われたことのある方も…

「でも具体的にどんな練習をすればいいの?」というのが正直なところなのでは?

そこでまずはスタンダードなリップロール(リップバブル)から。

目次

1.しっかり息を吐くこと

2.息が漏れないように

3.口の形は「ア」で

 


しっかり息を吐くこと

リップロール(リップバブル)で重要なのは、“先に息があること”

“声”を出そう、という意識が強すぎると、声帯が硬くなり、息が上手く流れてくれなくなります。

「リップロールが苦手だ…」「リップロールが出来ない…」という方は、まずここを疑ってみてください。

 

息が漏れないように

今度は逆に、息を吐き過ぎていたり、唇に上手く当たらずに、息が“広がってしまってたり”しないこと。

リップロールを行った際に、ほっぺたが膨らんでしまう人は、空気の圧力が分散されて、唇に上手く当たらず、プルルル…が途切れてしまうかも…。

そういう場合は、軽くほっぺたに手を添えてやると上手くいくと思います。

さらに、鼻から息が抜けてしまう人は、鼻をつまんでやってみるのもアリ。

口の中は「ア」の形で

プルルルル…という音なので、どうしても母音を「ウ」と連想しがち。

でも、リップロールの時は、口の形は「ア」です!

 

以上の3点を意識するだけで上手くいくのではないでしょうか?

リップロールについて詳しく書いた記事はコチラ

さらに詳しい解説をオンライン月額会員ページにて!

さらに詳しい解説や練習のバリエーション、よくある失敗例とその対処法を、オンライン会員ページにて公開中!

<動画の内容-全17分32秒>

  1. リップロールのやり方の解説
  2. リップロールの練習バリエーション
  3. 失敗例、その対処法
  4. リップロールに関するよくある質問

その他、多数限定公開中の動画が、月額3,300円で見放題!

さらにSkypeによるマンツーマンレッスンも実施中!

クリアボイスミュージックスクールでは、対面のレッスンに加え、Skypeでもレッスンを行っております。

「時間が合わない…」「近くにボイトレスクールがない…」といった方に、対面レッスンと全く同様のレッスンを受けていただけます!

(実際に対面で通っていただいていた生徒さんが、「こっちで十分じゃん!」とSkypeレッスンに切り替えられるケースも増えています)

通常、1レッスン(50分)5,500円が、オンライン月額会員なら3,300円で受講していただけます!

<月額会員お申込みの流れ>

  1. 下のボタンより、オンラインでの決済を完了していただきます。
  2. こちらより会員用ページへのご案内(招待)をさせていただきます。
  3. 月額会員お申込み後のSkypeマンツーマンレッスンのお申込みはコチラよりお願いいたします。
ご入会希望の方はコチラ♪

なんと月額3,300円!
オンライン会員専用ページ「クリアボイスの秘密のボイトレ」

TOPに戻る

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

月を選択